お知らせ・きもの語り・催事・他

東三季のお庭の 白いツツジが花開き始め
カエデの新緑も 鮮やかになってきました

昨日から 内覧会が始まっております
店内の様子 ほんの少しですが
ご紹介いたしますね


写真手前の机上のものが
作家作品の一部です

  
青の着尺は とてもめずらしい首里花織
帯は 知念冬馬氏の手による紅型染帯
「城間家」「沢岻家(たくし家)」とともに
紅型三宗家のひとつである知念家
冬馬氏は 時代を担う若手として 
活躍が期待されています

もうひとつは
黄八丈と型絵染の帯
手の込んだ市松織・桜格子の黄八丈は
山下芙美子氏の作品です
帯は「たからものⅡ」と題された
荒川真理子氏の作品
力強いタッチと 落ち着いた色合いが
印象的です 気軽な場からオシャレに装いたい場まで
個性的な着姿を演出してくれる帯ですね!


こちらは 本塩沢に花織の帯
着尺の地色と蝶の紋様 花織の帯
さわやかな愛らしさに魅了されます!

4月15日 来週の日曜日まで
作家作品 各産地紬(伊那紬 信州紬 
本塩沢など)数多く揃っております
ぜひ、ご覧くださいませ!