お知らせ・きもの語り・催事・他

・めずらしく木綿に袖を通しました。

森は愛好者ですが、私は絣柄の残糸で織りあげたしなやかな風合いの無地感覚で。

ヴィンテージ・デニムと同じ感覚ですね。

やさしく・しわになりにくく、何げなく着られて皆様にもおすすめ致します。

 

・羽織・コート好きの私としましては、やはり、人と類しないものをと。

コート仕立てで映える小紋を選んできました。

 

・織の匠の技にうっとりと、思わず触れてみたくなる渋くきれいな紬を仕入れました。

色味は一言では表現できません。ヨーロッパの古城の空気感(森荷葉談)?

心も体も満足する紬達です。

全て一点ものですが、晝間価格だからご安心を。

東三季 晝間